フェイキックIOL

フェイキックIOLはどのような人に適している?

近視が強い方には、レーシック手術よりもフェイキックIOLの方が適しています
強度近視の状態でレーシックをすると、不正乱視が発生するリスクがあり、かえってものを見るということの質が低下してしまう可能性があるのです。
フェイキックIOLは角膜を削らないので、不正乱視の発生を抑制することができます。
また、レンズの取替えも必要なく、強度の近視の補正には非常に適した手術といえます。
お手入れが不要の永久コンタクトレンズという感覚で、自然に補正された視力を手に入れられるので、こまめなケアが苦手な方にもおすすめです。

フェイキックIOLの前房型レンズについて

2004年に認可を得て始まったフェイキックIOL前房型レンズには2種類あります。
ひとつはポリメチルメタクリレートという素材でできたアルチザンタイプ、そしてもうひとつは、光が通る部分がシリコンでできたアルチフレックスタイプです。
アルチザンタイプは、レンズを曲げることができないために切開する幅は広くなってしまいますが、強度の近視の方に向いています。
一方、アルチフレックスタイプは曲げることができるため、切開の幅が狭く済みます。
また、傷の治りが早い、感染症が発生しにくいなどの利点に加え、視力が早期に安定するというメリットがあります。

フェイキックIOLの後房型レンズについて

フェイキックIOLの後房型レンズは、生体への適合性がとても高いコラマーと呼ばれるコラーゲンが入った優しい物質でできています。
非常に短い切開幅で装着できるので、手術後の回復がとても早いのが特徴です。
また、眼の中で異物として認識されにくく、虹彩へのレンズ固定が必要ないため、両眼を同日に手術できるという利点もあります。
従来のレンズに比べて簡単に装着することができ、施術自体もとてもシンプルなので、眼にかかる負担も軽減できます。
さらに、レンズに紫外線吸収剤が含まれているので、眼の疾患の一因となる紫外線から瞳を守ることも可能です。

フェイキックIOL@メニュー

フェイキックIOL@角膜を削らない永久コンタクトレンズリンク